ミシュランガイド DC

皆さんこんにちは、Anneです。

9月13日にミシュランガイド ワシントンDC 2019年版が発表されました。

2016年から始まり3度目の今年、ついに3つ星レストランが出ました。去年2つ星だったThe Inn at Little Washingtonが3つ星に昇格したようです。そして新しく星を獲得したレストランが2軒あります。私がDCに来たのは2013年なのですが、当時よりも美味しいレストランがどんどん増えているようでとても嬉しいです。

星を獲得したレストラン一覧

Three Stars
 
The Inn at Little Washington

 

Two Stars
 
minibar
Pineapple and Pearls

 

One Star
 
Blue Duck Tavern
Bresca (NEW)
The Dabney
Fiola
Kinship
Komi
Masseria
Métier
Plume
Rose’s Luxury
Siren by RW (NEW)
Sushi Taro
Tail Up Goat

 

 

私は先日Rose’s Luxuryに行ってきましたが、予約を取るのに本当に苦労しました。

普段思いつかないような組み合わせのお料理がたくさんあって楽しかったです。

7882E959-9CB5-4E2A-A40B-4CD3583B6A3D

 

中には比較的予約が取りやすいお店もあるので、皆さんも少しドレスアップしてミシュランのレストランにお食事に行かれてはいかがでしょうか。

広告

[Chili cook Off]

こんにちは。今週のブログ担当ウッチーです。

今回はアメリカの文化 Chili Cook Offについてご紹介です。うちのコンドミニアムでは、毎年プールクロージングのタイミングでchili Cook Offのコンテストを行います。

スクリーンショット 2018-09-12 15.45.28

今年も盛大に開催され、10名のコンテストエントリーがありました。

Chili 料理は、私が考えるに日本の味噌汁やカレーのようなもので、地域や家庭に材料や味付けが代わり、ちょっと甘めのものからスパイシーなものまで多くのバリエーションを楽しめます。また、豆からのタンパク質と一緒に煮込んだお野菜から栄養バランスもいいと評判です。

Chili 料理に馴染みのない私が毎年企画を行うのは不思議ですが、たくさんのチリが味わえるのでよしとします。

ちなみに今年の参加者への賞品は、一位フルエプロン、二位と三位 ハーフエプロン、その他の参加者ペアコースターを手作りしました。(アーリントンパブリックスクールの洋裁コースとCostcoのミシンのお陰です!)

是非みなさんのコミュニティでも”アメリカ夏の終わりの風物詩” Chili Cook Offのパーティいかがでしょうか?

 

アメリカで 購入できるお米について

友人から、
「アメリカで買える米で、どれが美味しい?」
「ネットに載っているアメリカで買える米の情報はどうなの?」
と、聞かれます。

 

確かに、ネット上で調べてみると、
・短粒米
・中粒米(M401)
・中粒米(カルローズ)
を、全部ごっちゃにして書いている人が多いので、正直参考にならない気がします。

 

そこで・・・
下記のポイントに絞って

「アメリカで買えるお米」

をまとめてみました。

ポイント1:アメリカ産のお米のみリストアップ(アメリカで買える日本産のお米は省く)
ポイント2:日系業者が取り扱っているお米(HマートのPBブランドなどは入れていない)
ポイント3:著者自身が味わった事があるお米に限る(それでも15種類以上)

 

折角お米を買うのであれば、後悔しないお米選びが大事ですからね~~

 

【目次】

1.アメリカで買える米(17種類)の一覧
2.アメリカ米のランキング(参考程度にどうぞ)
3.アメリカで米を買うときの注意点

 

1.アメリカで買える米(17種類)の一覧

「アメリカで買える米」を一覧表にしてみました
↓↓↓↓
アメリカで買えるお米リスト(右クリックで保存出来ます)

 

※注意点

こちらに載っている「アメリカで買える米」は、アメリカ国内に流通しているお米の全てではありません。

業務用(レストラン用:40lbs)の米は抜いてあります。

アメリカで買える日本産の米も、リストからは抜いてあります。

ただ、アメリカ国内にあるスーパーマーケットやネットで買える、主要な米に関しては網羅してあるつもりです。

参考にしてみて下さい。

では、次は著者が勝手につけた「アメリカで買える米ランキング」をどうぞ!

 

2.アメリカ米のランキング(1位~5位)

このランキングは、著者が勝手につけたランキングですので、参考程度にして下さいね(笑)
一切のクレームは受け入れませんので(笑)

 

1位:田牧ゴールド(単粒米:コシヒカリ品種)

「アメリカで買える米の決定版2018」~食の専門家が語る「米の一覧、アメリカ米ランキング、米を買うときの注意点」

「アメリカで買える米の決定版2018」~食の専門家が語る「米の一覧、アメリカ米ランキング、米を買うときの注意点」

何と言っても、アメリカで買える米の中では、ダントツに一番美味しいです。
日本のコンクールでも特別優秀賞を取っている「アメリカ産唯一の米」です。
他の短粒米との一番の違いは、「冷めても、次の日に炊飯ジャーに残っていても美味しい」ですね。
ちなみに値段は、アメリカ米の中では一番高いです。(日本産の米を除く)

 

2位:玉錦(単粒米:コシヒカリ品種+ゆめごこち品種)

「アメリカで買える米の決定版2018」~食の専門家が語る「米の一覧、アメリカ米ランキング、米を買うときの注意点」

玉錦は、米の風味と美味しさの持続は、田牧ゴールドには敵いませんが、美味しい米であることには違いないです。
値段は、そこそこ高いです。

ちなみにですが・・・
以前、2位は「かがやき」だったのですが、最近質が落ちたので5位圏外にダウンです。

 

3位:あきたおとめ(短粒米:あきたこまち品種)

「アメリカで買える米の決定版2018」~食の専門家が語る「米の一覧、アメリカ米ランキング、米を買うときの注意点」

個人的に、お米の風味はコシヒカリよりも「あきたこまち」の方が好きです。
また、コシヒカリよりもあっさり感があるので、そういう米を食べたい時には、あきたおとめを買います。
炊いた次の日にはチャーハンにもします。(コシヒカリは、チャーハンには向いていないのです)
問題は、あまり市場にない事でしょうか。

 

4位:雪のかけら(短粒米:ミルキークイーン品種)

「アメリカで買える米の決定版2018」~食の専門家が語る「米の一覧、アメリカ米ランキング、米を買うときの注意点」

もっちりしたお米を食べたい時には、ミルキークイーンがオススメです。
冷めても、そのモチモチ感が減らないので、おにぎりなどには最適です。
「雪のかけら」も、あまり市場では見かけないのが、問題ですね。

 

5位:夢(短粒米:ササニシキ品種)

「アメリカで買える米の決定版2018」~食の専門家が語る「米の一覧、アメリカ米ランキング、米を買うときの注意点」

アメリカに来るまでササニシキを食べた事はありませんでした。
ただ食べてみると「コシヒカリよりもサッパリしている」というのが正直な感想でした。
コシヒカリの粘り気が苦手!という人には、この米はオススメです。

 

6位以下(~9位)はこんな感じ
↓↓↓↓
6位:錦(短粒米ではないが、コスパがいいので)
7位:こしひかり(決して悪くはないが、質にばらつきがある)
8位:かがやき(2017年末から、特に質が低下した気がする)
9位:白菊(チャーハンには向いている)
10位:牡丹(コスパはいいが、broken riceが多い気がする)

 

 

 

3.アメリカで米を買うときの注意点

さて、ここで再度一覧表を見て下さい。

アメリカで買えるお米リスト(右クリックで保存出来ます)

他のサイトでは、
・短粒米
・中粒米(M401)
・中粒米(カルローズ)
などが、ごちゃ混ぜにして書かれているので、あまり参考にはならない気がします。

 

韓国系スーパー(Hマート等)に行くと、大量のアメリカ産の米がおいてあります。

短粒米には馴染みがあるので、問題ないとは思います。

問題は、中粒米です。
安い米は「カルローズ」と呼ばれる米です。

この米を買うときには袋を良く見て下さい。

「U.S. No.1 EXTRA FANCY」の表示があるカルローズ米
4%以下のBroken Rice(砕精米)が入っている
「U.S. No.1 EXTRA FANCY」の表示がないカルローズ米
4%以上のBroken Rice(砕精米)が入っている

※Broken Rice(砕精米)決して、異物ではないです。

 

アメリカでお米を買うときには、値段だけではなく、質も考慮して買ってみて下さい。

折角お米を買うのであれば、後悔しないお米選びが大事ですからね~~

 

アメリカに住んでる方、これからアメリカに来る予定のある方の参考になれば幸いです。

 

第14回ランチ会を開催しました。

2018年8月25日(土)に第14回ランチ会を開催しました。

今回のレストランはクラレンドンにあるAmbar。バルカン料理というあまり聞き慣れないジャンルなのですが、中東やギリシャ料理に近い印象でした。

私たちはUnlimitedブランチをオーダー。通常はメニューの中から好きな物を好きなだけオーダーするコースなのですが、大人数だったせいか店員さんは「じゃあ適当に持ってくわね~!」と言って、次々とお料理を持ってきてくれました。なので私たちは元を取るためにオーダーしなきゃという義務感から逃れられ、おしゃべりに集中できました。

ブランチドリンクは1杯25セントだったので、ミモザもたくさん飲んじゃいました。

お肉類は控えめで野菜や豆類をたくさん使っているお料理が多く、体にも良さそう。味もどれを食べてもおいしいかったです。

小さいプレートでたくさん出てくるので、みんなでシェアしていろんなお料理を楽しめます。AmbarはCapitol hillにもあってとっても人気のお店。Unlimitedは会計もしやすくグループでのお食事におすすめです。

インテリアも可愛い。

普段皆さんお仕事や主婦業、育児などでそれぞれ多忙な毎日だと思うので、素敵なレストランで日本人同士おしゃべりする機会はとってもいい息抜きになりますね。

参加者の皆さん、ありがとうございました。

ダウタウン散策 ダーラム編(ノースカロライナ州)

IMG_3694

今週ブログ担当Cookieです。先日、ノースカロライナ州のダーラムはダウンタウンを散策してきました。かつてはタバコ産業で栄えたこの町にはタバコ廃工場が当時のまま残っており、今ではその建物を修復しレストランやカフェできる憩いの場所になっていてます。

 

ダウンタウン内には地元野球ダーラム・ブルズの球場もあります。試合を観ながら沢山の演出で観客を魅了してくれます。スタジアム内ではカクテルが飲めるバーもあり、お洒落でご飯・デザート等もすべて美味しかった。ワシントンDCのナショナルズ・パークとはまた違った雰囲気のステキな球場でした。

IMG_3706