動物園でSleepovers!!

こんにちは。今週担当のK-Kiです。

先日、家族でNational Zooのイベントの一つに参加してきました。そのイベントというのは動物園でのSleepover。これがとっても楽しかったのです。

各自夕食を終えてから集合。指定された広場の好きな場所に自分たちの今日の寝床を作ります。ちなみにテントは貸してくれますが、寝袋は各々持参します。

その後、普段は見ることのできないバックヤードに案内してもらいました。

チーターが目の前でお食事。噛む音、そして喉が動くさまを1メートルも離れていないところで観察します。

シマウマも目の前で食事。一番右はチーターをバックヤードから表に移すところです。

その後、真っ暗な動物園を歩きます。静かな中にところどころ蛍が飛んでいたり、また時々何か動物の鳴き声が響いたりして、まるでどこか山奥にいるかのよう。その後、10時には就寝です。みんな疲れていたのか、あっという間に静かになりました。

朝はブッフェで軽く朝食を済ませ、開園前に再びみんなで散歩します。

誰もいない朝の動物園は涼しくて快適。夜に続き、動物園の中を野生の鹿がオリの中を眺めながら闊歩するというなんとも面白い光景も見られました。

貴重な体験を終え、あっという間に解散時間。ほとんどキャンプ経験のない我が家としては、今後同じような機会があるときは、寝心地をもう少し追求しようかと(笑)。そんな小さな課題は残りましたが、大満足のSleepoverでした。

4th of July

こんにちは。今週担当のK-Kiです。

みなさん、独立記念日の花火はご覧になりましたか?どちらでご覧になりましたか?

モールの花火、大きくてきれいだったそうですね。観に行きたいな・・・とも思いましたが、小さな子供がいる我が家には人混みと帰り時間が遅くなることが少しネックとなり、それはあきらめることに。なので子供も気軽にいけそうなところで‥‥ということで、カウンティー主催の花火を観てきました。

開催場所は近所の小学校。各々ピクニックマットを敷いたり、椅子を持ち込んだり・・・。

IMG_2303

フードトラックが数台来ていて、ホットドッグやピザやロブスターロール、またアイスクリームも買えるので、ここで夕食を済ませて花火を待ちます。

音楽もがんがんと鳴り響いてなんかとってもいい感じ。

子供たちも学校のお友達に会ったりして、嬉しそうした。

花火自体はほんの15分から20分くらいかな。それでも目の前に見える花火はそれはそれで十分の迫力。音もすごくて、子供たちは十分楽しんでいました。

IMG_2308

小さなお子さんがいるご家庭の方、来年はご近所で開かれる気軽な花火大会もひとつの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

カヤックに初挑戦

こんにちは。今週ブログ担当のサオリです。カヤックの初心者コースを受けてきたのでご紹介します。ネットで検索すると様々あると思いますが、今回はL.L.Beanが自宅から20分程度の所でコースを提供していたのでそちらに参加しました(住所で検索すると最寄りの場所を提案してくれます)。

カヤック、オール、ライフジャケットは貸してもらえるので特別なものは必要ありません。濡れてもいい恰好(私は水着にラッシュガード、速乾性のあるスパッツを着用。他の参加者はTシャツに半ズボンでした。)、つま先をカバーしたシューズやサンダルを着用し、日焼け対策をして参加します。水筒もカヤックの中に置いておけますよ。場所によって異なるかもしれませんが、貴重品を含む持物は全て車内に残し、インストラクターが車のカギを保管してくれました。当日の参加者は、私と息子を含めて5人。8歳から参加できますが、14歳までは保護者も一緒に参加する必要があります。

カヤックに乗る前にオールの基本的な使い方を教えてもらい、いざカヤックへ!教えてもらったオールの使い方を練習したり、ボーッと景色を眺めたり、インストラクターが周囲の自然のことを話してくれたり、ゆっくり進みます。息子は5分前に教えてもらったことを全て忘れてしまっていたので、インストラクターのカヤックにつないで個人指導してもらい、最終的には独り立ちできました。おかげで私は自分に専念することができました。

 

Photo May 28, 11 41 36 AM

インストラクターにつながれて出発する息子

 

1時間半のコースで一人25ドルです。カヤックをやってみたいけど全くの初心者だから不安、とか子供と一緒に楽しみたいという方におススメです。コースの検索はこちらから。

 

Photo May 28, 11 21 10 AM

オフィスがあるわけではありません。この立札が目印。

 

サイダー好きにオススメのレストラン&バー

こんにちは。今週ブログ担当のサオリです。

アメリカに来て知った飲み物の一つがサイダーです。ノンアルコールもアルコールもどちらも大好きです。そんなサイダー好きにオススメしたいレストラン&バーがANXO(アンチョと発音)Restaurant & Barです。ここは、DC地区で初めてのサイダー・バーだそうですよ。

 

ANXO1

外にはテラス席もあり、カジュアルな雰囲気

 

 

ANXO2

バーカウンターには料理がドーンと並べてあり、居酒屋を彷彿

 

1階がバー、2階がレストランになっており、レストランの方は2時間制となっています。バスク料理のPintxos(ピンチョーと発音)スタイルといって料理は一口サイズ、タパスよりも小さいです。少人数でもたくさんの種類が楽しめるのが嬉しいところです。

 

IMG_3968

アンチョビ・メニューが豊富

 

さて肝心のサイダーですが、とにかく種類が豊富で何を選んでいいか悩んでしまいます。そこで、4種類のサイダーを飲み比べできるテイスティング・セットで自分の好きなタイプをチェック、それから同じタイプの違うサイダーを試してみました。

 

ANXO3

テイスティングのサイダーたち

 

お店の情報はこちらからどうぞ。

ナパ ワイナリーツアー

こんにちは。 今週担当のオタコです。サンフランシスコからナパ、ソノマワイナリーツアーにいってきました。今回私の参加したのは一人でも参加可能のバスツアー。3つのワイナリーを回り、各所でそのワイナリーの成り立ちや特徴、ワインの飲み方、飛行機でお持ち帰り時の運び方まで説明があり、各々4~5種類のワインテイスティング(テイスティング費はツアー代に含まれる)できます。バスの運転手さんもワインの知識が豊富で運転中いろんな説明やら紹介をしてくれます。今回参加したのはこちらのツアー。