日本の映画@Freer Sockler

今週担当のHen-drix です。

私のお気に入りの美術館、Freer I Socklrで今月は沢山日本の映画をやっていますよー。四月には”Japan in Jazz”なんてイベントもあります。

Freer|Sackler
1050 Independence Ave SW, Washington, DC 20560

FRIDAY, MARCH 16, 2018

Film:
Friday, March 16, 7 pm

In person: Kyoko Miyake, director

Watch the trailer.

A pop culture big business in Japan since the 1990s, “idols” are teenage female singers who perform sugary tunes for legions of fanatical fans. Kyoko Miyake’s documentary looks behind the scenes of this phenomenon, focusing on Rio Hiirago (RioRio to her fans) who, at nineteen, will soon age out of idol-dom. Miyake reveals the hard work that goes into maintaining the peppy, upbeat veneer that…

WEEK OF SUNDAY, MARCH 18, 2018
SUNDAY, MARCH 18, 2018
Environmental Film Festival:
Sunday, March 18, 2 pm

Watch the trailer.

In this sci-fi dark comedy, members of a seemingly normal Tokyo family discover that they are aliens from different planets at war over Earth’s fate. Since humans have so badly botched Earth’s management, some of the aliens want to exterminate them, while others want to help save the planet before it’s too late. Inspired by a 1962 Yukio Mishima novel, director Daihachi Yoshida updates his source’s concerns about nuclear annihila…

FRIDAY, MARCH 23, 2018
Film:
Friday, March 23, 7 pm

Watch the trailer.

A festival hit from Cannes to Toronto to Busan and everywhere in between, this “thoroughly enjoyable, visually ravishing feminist Western” (Lisa Nesselson, Screen International) is set in the beautifully rugged landscape of Indonesia’s Simba Island. Its eponymous heroine, a widow living alone in the remote countryside, is assaulted and robbed of her cattle by a gang of bandits. After dispatching her attackers with some poison…

WEEK OF SUNDAY, APRIL 1, 2018
WEDNESDAY, APRIL 4, 2018
Japanese Classics:
Wednesday, April 4, 2 pm

Watch the trailer.

Gory revenge is raised to the level of visual poetry in Toshiya Fujita’s stunning Lady Snowblood. A major inspiration for Quentin Tarantino’s Kill Bill saga, this endlessly inventive film, set in late nineteenth-century Japan, charts the path of vengeance taken by a young woman (Meiko Kaji) whose parents were the victims of brutal criminals. Fujita creates a wildly entertaining action film of remarkable craft, an effortless…

FRIDAY, APRIL 6, 2018
Freer Film Friday: Japan and Jazz
Friday, April 6, 5:30 – 8 pm

Join us to celebrate the 2018 National Cherry Blossom Festival at this special after-hours event! Get an unexpected view into Japanese culture through live jazz by Tomohiro Mori, a Q&A with artists, and exclusive curator tours of Japanese art exhibitions. Enjoy small bites and a cash bar. And at 7:30 pm, catch The Stormy Man, a classic film about dueling jazz drummers, which kicks off our retrospective of films by legendary Japanese director…

Film:
Friday, April 6, 7:30 pm

The film that made Yujiro Ishihara a star and the Nikkatsu studio solvent, The Stormy Man stars Ishihara as Shoichi Kokubu, a young drummer who employs both his hands and his fists in the Ginza jazz world. His younger brother Eiji (Kyoji Aoyama) supports his ambitions and helps find him a manager in Fukushima Miyako (Mie Kitahara), who is as sassy and smart as she is gorgeous. Their mother (Fukuko Sayo), however, is stubbornly opposed to…

WEEK OF SUNDAY, APRIL 8, 2018
SUNDAY, APRIL 8, 2018
Film:
Sunday, April 8, 2 pm

Umetsugu Inoue’s first film with Yujiro Ishihara, The Winner tells the story of a punk kid (Ishihara) who tries boxing as a lark, gets the tar punched out of him, and starts training for real. His manager is a former contender who sees the punk as way to realize a championship dream that he himself could never fulfill.

Inspired by the 1948 classic The Red Shoes, Inoue added a subplot about an up-and-coming ballerina (Mie Kitahara) who falls in…

FRIDAY, APRIL 13, 2018
Film:
Friday, April 13, 7 pm

In Inoue’s follow-up to The Winner, Yujiro Ishihara plays a seaman who joins the crew of a rusty cargo ship to avenge himself on his father’s enemy. Also on board is another new hand with a secret, played by a buff, shirtless Rentaro Mikuni.

Ishihara’s bad attitude immediately gets him into trouble with the crew, which he escapes with his fists. He finds an unlikely ally in Mikuni, who has reason to dislike and distrust him. Ishihara also attracts…

WEEK OF SUNDAY, APRIL 15, 2018
SUNDAY, APRIL 15, 2018
Film:
Sunday, April 15, 2 pm

The first feature-length theatrical film shot in Konicolor, The Green Music Box is based on the eponymous novel by Makoto Hojo. A musical action film for children, the movie typifies Umetsugu Inoue’s creative use of color. It also marked the debut of fourteen-year-old Ruriko Asaoka, whose character becomes entangled with a spy trying to steal her father’s secrets. The cast also includes the talented comedian Frankie Sakai. Asaoka would sustain a…

FRIDAY, APRIL 20, 2018
Film:
Friday, April 20, 7 pm

Hong Kong’s mighty Shaw Brothers studio lent a new sheen to the territory’s musicals in the mid-1960s when it brought in director Umetsugu Inoue from Japan. A standout among Inoue’s seventeen productions for Shaw is Hong Kong Nocturne, a lavish song, dance, and drama confection that reworked his earlier Japanese film Tonight We’ll Dance against new backdrops.

Cheng Pei-pei, Lily Ho, and Chin Ping star as the Chia sisters, the backup troupe for…

広告

ワシントンD.C. 着物生活

こんにちは。ウッチーです。

4月の桜祭りに向けて、ワシントンD.C.着物生活についてお話させていただきます。

私は、2013年に日本からアメリカに移住後、アメリカでのパーティの数に驚きながらも、主人の影に隠れて参加していました。しかし、アメリカ人の主人は、政治やスポーツなどの話で盛り上がり、私は誰も“壁ドン”してくれない壁の華となってきていました。だんだんパーティへの参加が苦痛になってきたころ、着ていく洋服がなくなり、着物をきてパーティに出かけるようになりました。

そうしたら、“私も日本に住んでいたのよ。回転寿司で食べた御寿司美味しかったわ。”とか、”日本のUKIYOE持っているけど見に来ない?“などなど話しかけられるようになりました。それも日本の話題なので、願ったり叶ったりです。

spring1

日本の文化に詳しい方に教えてもらうことも多々あります。逆に質問をされて “たじたじ”みたいなことも。でもこの質問から日本のことをもっと勉強するきっかけとなりました。日本のことを勉強すれば、それがまた次のパーティでの話題となります。(端午の節句の発祥は?着物はどうして男性も女性も左が上なの?などなど)

特にワシントンD.C.地区は、政府系の方々が多く、日本を含めたアジアに滞在されてたり、興味がある人が多いようです。

皆さんも桜祭りに向けて着物に袖を通し、“自称”日本文化大使になってみてはいかがでしょうか?

お世話になっている鍼灸院 Caring Acupunctureさん

こんにちは。ウッチーです。

今日はお世話になっている鍼灸院 Caring Acupunctureさんをご紹介します。 膝が痛くなり、いろいろと“ググッた”結果 YELPでも高評価、しかも日本人の鍼灸師 上野先生に出会いました。膝は、腎臓の働きの低下からきていると診断され、数回の治療後、ジムでもガンガントレーニングできるようになりました。

DRUENO1

そして、上野先生がとても興味深い方なのです。国際協力事業団(現:JICA)で世界を回られた後、そろそろ日本へ帰国というときに心機一転 テキサス州で免許を取得され、ワシントンD.C.地区(現在はAlexandria)で鍼灸師としてスタートされたのです。安定した仕事を退職し、“自分らしく生きるため”、“困っている人の役に立ちたい”と新しいことにチャレンジされた上野先生には本当に敬服です。野球のイチロー選手がシアトルマリナーズからニューヨークヤンキースに移籍するときに語った次の言葉を思い出しました。

“すべてを失う覚悟がなければ、手にできないものがある”

さて、Caring Acupunctureさんにはやはり日本人の患者さんが多いのかとおもったら、80%以上はNon-Japaneseの方ということです。鍼治療は万国共通ですね。

私のような膝や腰などの痛みだけでなく、婦人科系(不妊治療、生理不順)、うつ病などでも、Caring Acupunctureに通われる方、体のメンテナンスということで定期的に通われる方が多いそうです。たしかに車も壊れてから直すよりは、定期的にメンテナンスをして、事前に部品を交換していったほうが長持ちしますよね。納得!

そして、いろいろな治療や病院を試した結果、改善が見られないため、最後の望み(last resortというそうです。)として鍼治療のドアをたたく方も少なくないそうです。これも納得!

今は、主人の難聴治療と私の慢性肩こりで定期的にCaring Acupunctureさんにお世話になっています。体のケアは鍼治療で、心のケアは上野先生と受付をされている奥様とのおしゃべりで毎回癒されています。

Caring Acupunctureさん WEB サイト http://caringacupuncture.com/

*このブログは筆者の個人的見解です。効能、効果を保証するものではありません。」

Sushi Ogawa / 鮨 小川

こんにちわ。
今回は、ワシントンDCで『正統派の江戸前鮨』を提供しているSushi Ogawa(鮨 小川)をご紹介いたします。

40290749361_bb5253b89e_o

オーナー兼シェフの小川さんは、鮨職人家系に生まれ育ち、職人暦は40年を超えています。

オーナーシェフの小川さんとは?
【小川さんの簡単な経歴】
小川さんは1980年代後半にワシントDCに渡り、一度は帰国。
その後、マンダリンオリエンタルグループの全米鮨部門統括シェフとして再渡米されました。
そして、2013年にSushi Capitolを開店後に、満を持して2016年に鮨 小川を開店されました。
お店には、カウンター席(8席)とテーブル席があります。
今回はカウンター席を予約して、小川さんの鮨を堪能してきました!

今回は、日本の築地から送られてきた魚に加え、カルフォルニア(サンタバーバラ産)のウニと日本のウニの食べ比べなどもさせて頂きました。

一つ一つの握りに一切の妥協が無く、使用している塩の塩梅なども凄く上品でした。

今回堪能させていただいた鮨の一部を写真でご紹介↓

40245682682_5182f3a168_o
前菜の一品

上段(カンパチ、すごい柔らかい蛸、キングサーモン、カルフォルニア産のウニ)
下段(日本のウニ、穴子)

カウンター席は要予約ですが、是非とも一度は足を運んでみては如何でしょうか?

住所:2100 Connecticut Ave NW #100, Washington, DC 20008
電話:202-813-9715