ウィリアムズバーク旅行

こんにちは。今週担当のサオリです。バージニア州ウィリアムズバーグへ行ってきたのでご紹介します。

ウィリアムズバーグは、まだアメリカが植民地だった時代、17~18世紀にかけてバージニア州の州都でした。20世紀に入って歴史的建造物などの修復・保存が進み、現在は当時の生活を体験できる観光地となっています。

ビジターセンターに駐車したら、無料シャトルバスまたは徒歩(約0.3マイル)でウィリアムズバーグへ向かいます。ビジターセンターでマップやイベント・スケジュールをもらえますので、子供に人気のイベントを教えてもらって、どういう経路で観て回るか計画を立てました。とはいえ、馬車を見た途端に子供たちが馬車に乗りたいと言い出したので馬車に乗ったり、売店で銃のオモチャに夢中になったり、寄り道の多い一日となりました。

 

Photo May 27, 12 41 26 PM

子供用のパズル。イギリスの国王や女王を即位通りに並べるという歴史のお勉強でもあります。

 

18世紀の町を再現しているので当然ながら車が走っておらず、天気が良かったこともあり町中を歩いているだけでも気持ち良かったです。私は州知事公邸内のツアーが興味深く、息子は馬車がお気に入り、娘は機織り体験がとても楽しかったようです。

 

Photo May 27, 2 36 10 PM

18世紀の消火活動体験。

 

今回は日帰りでしたが、美術館やスパにゴルフコース、一見オシャレなお店もあったので、次回はゆっくり一泊したいなと思いました。

広告

アトランティック・シティへ!

こんにちは。今週ブログ担当のCookieです。

今日はハローウィン。私の住んでいるところでは思い思いに仮装をした子供達が、”Trick or Treat”と家々を周るそうです。子供達用にキャンディーをたくさん用意しましたが、気づいたら自分の好物のチョコレートばかり。これじゃあ、鼻血や虫歯であとあと大変なことになってしまうかな。もっとシュガー・フリーとかオーガニックとか健康的なものをミックスすればよかった、とすこし罪悪感。

さて、前回のブログではフィラデルフィアへの旅をお話しさせていただきましたが、今回はその続編(?)です。

FullSizeRender-2

ロッキーステップで映画ロッキーを満喫した後、アトランティック・シティにあるカジノへ向かいました。アトランティック・シティはニュージャージー州でお隣のフィラデルフィアからは車で一時間ちょっとで着きます。

一時は映画やドラマの舞台地にもなって活気溢れていた町も、今ではゴーストタウン化していると聞いていたので、どんな雰囲気なのかドキドキ。

滞在したショーボートはカジノが隣接してることで利便性が良かったみたいですが、そのカジノは見事にクローズ。何とも寂しいホテルになっていました。

FullSizeRender

気を取り直して、海辺に面したボードウォークを散策。散歩中ゲットしたバナナサンデーをいただき気分も上々です。

 

IMG_6155

アトランティック・シティにきたら是非訪れてみたかったWet Willie’sへ。注文したフローズンカクテルをテイクアウトできるバーなのです。トロピカーナ・アトランティックシティ内のフロアにあり、道行く人たちがここのカクテルを片手にしていました。

店内に並ぶカクテルは色鮮やかでオシャレ。言うなれば、スターバックスのお酒バージョンといった感じです。真っ赤な色のCall A Cubはラムのパンチが効いてて美味しかったです。

IMG_6156

この後、同建物内にあるカジノでルーレットを少し楽しみ、ボードウォークの桟橋にある遊園地に行きました。当初は二泊する予定でしたが一泊にして正解。ゴーストタウン化している割には楽しめたので良い思い出になりました。

IMG_2760

Lotus and Water Lily Festival

こんにちは!オタコです。7月にKenilworth Park and Aquatic Gardens  であったLotus and Water Lily Festivalに行ってきました。

https://www.nps.gov/keaq/planyourvisit/lotus-and-water-lily-festival.htm

Lotusって、大人の顔の大きさぐらいの花が咲くんだと、かなり驚きました。シャトルバスがなかなか来ず暑さで行かずに帰ろうかなと思ったのですが。行ってみてよかったです。初日だったので、Lotus teaとか飲めたり、Lotusの花のかざりや帽子などもつくったり、絵を描いたりいろんなアクティビティーがあって楽しめました。

機会があれば来年行ってみてください。IMG_0909IMG_0904

映画「ロッキー」のロケ地へ!

FullSizeRender1

こんにちは。今週ブログ担当のCookieです。

先日、フィラデルフィアにあるロッキーステップに行ってきました。

映画「ロッキー」でお馴染み、主人公のロッキーが階段を駆け上がるシーンは言わずもがな有名な映画のワンシーン。映画をしっかり見た事のない人でも、ロッキーの存在やサントラの音楽など、どこかで耳にしたことはあるはず。この階段はフィラデルフィア美術館の正面にあり、訪れる人々が階段を駆け上がり頂上で両手を掲げロッキーを真似ていました。

IMG_2656

FullSizeRender3

もちろん映画に登場したロッキーの銅像も!

1976年に公開されたこの映画はシルベスター・スタローンが無名の時に自身で書き上げた作品。この映画を期に、スタローンが俳優としても一躍有名になったことはもちろん、この地も観光地として人気のスポットとなりました。続編として2015年に公開された「クリード」でも更にロッキーの知名度が広がりましたね。

元々はロッキーの銅像も映画と同じように階段の上に位置していたようですが、現在は階段横にありました。銅像の前には写真を撮る人の長蛇の列で、今でもロッキーの人気は衰えていません。

40年以上前の映画がここまでも人の心を惹きつけるのは、ロッキーの生き方そのものに共感させられる何かがあるからなのかもしれませんね。

 

 

メイン州ポートランド

皆さんこんにちは、Anneです。
先月我が家は早めの夏休みということでメイン州のポートランドへ行ってきました。

息子が6ヶ月になったばかりで初めての飛行機でしたが、時差がなくフライト時間も1時間弱と子連れ旅行初心者にはちょうど良い場所でした。

ポートランドと言えばオレゴンが有名ですが、元々はメイン州からネーミングされたようです。マイナーなスポットですが、別名バケーションランドと呼ばれるほど現地の人々には人気の避暑地とのことです。

1日目は郊外のScarboroughにあるオーベルジュへ。

Black Point Inn

エントランス周りの花壇が綺麗でした。

少しお散歩すると綺麗なビーチを発見。

各部屋にはそれぞれベランダがあり、息子がお昼寝中にはロッキングチェアに座りながらゆっくり読書できました。

ロビーにもゴージャス感が漂っています。

2日目はダウンタウンを散策しました。

B760E2BE-0975-4CFE-8B36-3B461DE5FBF5

名物のロブスター!

Portland Lobster Company
CE4CAAB5-42E4-48CD-8517-009B465C6D61

こちらは贅沢なロブスターロール。

プリプリのロブスターに上質のバター、ふわふわのパンが絶妙で感動しました。

Eventide Oysters&Co.
060545A1-363D-4526-8B2B-3BBD85B9827CF5B11C18-69D7-49B6-914E-D6AD4259D07E

3日目はこの街で1番の名所、ライトハウスへ。

ランチは日本人経営のお寿司やさんに行ってみました。久しぶりに美味しいお寿司を堪能して泣きそうになりました。

Miyake

オーナーの三宅さんが握ってくださいました。

白人社会なので寿司シェフがまさかの白人女性です。

旅先での楽しみの一つ、美術館へ。

お気に入りの絵が見つかりました。

先週などは溶けそうに暑かったので、ポートランドが恋しくなりました。

今週は少し過ごしやすそうですね。

体調にお気をつけてお過ごしください。