Bladensburg Waterfront Park

今週ブログ担当のHen-drixです。

夏休みに次男も補助輪がとれ、自転車ブームの兄弟をつれてワシントンDCからもかなり近い、メリーランド州のBladensburg Waterfront Parkへ行ってきました。DCはどこも商業化されて観光地っぽいところばかりですが地元の人が来る公園ってかんじでした。Anacostia River沿いで川あり、バイクのTrailもあり子供を遊ばせやすく、天気の良い日だったらずーっといたいかんじ。そして駐車場は無料。日没で公園はしまりますがピクニックがてら食べ物を持ってまた遊びに行こうと思いまーす。

Bladensburg Waterfront Park
4601 Annapolis Rd, Bladensburg, MD 20710

 

シャナンドー国立公園

今週ブログ担当のHen-drixです。

週末、長男の誕生日も兼ねてシャナンドー国立公園へ行きました!
夫があまりアウトドア派ではないので、キャンプ場ではなくてロッジに一泊しました。
国立公園面積は783km2(仙台市とほぼ同じおおきさ!)、およそ40%の地域は原生地域で最も高い山頂は1,235 m(4,051フィート)のホークスビル山であって耳抜きしながらドライブでした。車一台の入場料は$30、公園内にあるスカイラインドライブがメインの通りで沢山のTrailがありまーす。

うちらの泊まったロッジはBig Meadowsという場所でビジターセンター、ガソリンスタンド、お店、レストランなどあってとても家族連れの多い場所でした。やっぱり自然に触れ合うのはいいなーと思った週末、秋の紅葉を見に又行きたいなーー。

夏から秋にかけての週末はかなり混んでいるので予約はお早めに。

スカイドライブ沿いには沢山、ビューポイントがありました↓
20190921_165541

ちょっと雲がかってたけれど夕日もきれいでした↓20190921_185412

Dark Hollow Falls Trail はBig Meadowsのビジターセンターからも近い人気の場所と聞いて行きました。行きは下りで帰りが上りだったんですが五歳の息子も頑張って歩いた↓

20190922_10400520190922_11134820190922_12391220190922_112754

ランカスター観光

こんにちは、Anneです。

先日のLabor Day weekendでペンシルバニア州にあるランカスターへ行ってきました。

ここはアーミッシュと呼ばれる電気や車などを使わずに昔ながらの生活をする人々が多く住む街です。

到着した日の夜はこちらへ。

元々ドイツからの移民の文化なので、breweryでもプレッツェルがメニューにありました。

香ばしいながらもふわふわで美味しかったです。

Crab dipについてくるパンもプレッツェル。

次の日はファームへ

可愛らしい動物がたくさんいました。

自家製ミルクのソフトクリームは濃厚でした。

そのあとは少しドライブして、ストラスバーグ鉄道へ。

アーミッシュの街並みを眺めながら、45分間の蒸気機関車の旅です。

我が家にはもうすぐ3歳になる息子がいるので大喜びでした。

車内でドリンクやスナックを楽しめるファーストクラスの車両がおすすめです。

アーミッシュの伝統菓子、Woopie pie。

年に何度かトーマスの機関車が走ることがあるようで、本当はそのときに来たかったのですが、なんとトーマスが車庫に待機していたので見ることができました。

隣にはミュージアムもありました。

そのあとは車内から見えた楽しそうなファームへ行くことにしました。

たくさんのアクティビティがあって、子供たちで賑わっていました。

ここのファームには、何組も本物のアーミッシュ家族が来ていて、大体みんな子沢山なことに本当に驚きでした。最大で8人の子供プラスさらにママは妊娠しているという、衝撃の光景を目にしました。よく考えると30代の私の祖父母世代は8人兄弟は珍しくないので、納得ですよね。

ドライブしていると普通の車道に馬が走っていたり、アーミッシュの服装の人が自転車を漕いでターゲットに買い物に行っていたり、アーミッシュの人々が普通に生活しているところが見られてとても興味深かったです。

DCからは2時間半ほどのドライブなので、1泊旅行にいかがでしょうか。

リッチモンド観光

皆さんこんにちは、Anneです。

3月末にリッチモンドに行ってきました。DCからは2時間かからずに行けます。

1日目は

Children’s Museum of Richmond

に行きました。

農園

牛乳しぼり

教室

病院

他にもテレビ局、救急車、スーパー、ダイナーなどミュージアム全部がいろんな施設のミニチュア版でした。2歳〜6歳くらいのお子さんがいる家族にぴったりだと思います。

2日目は

Maymont

に行きました。

日本の庭園があります。

ちょうど桜が満開でした。

頑張れば日帰りもできる場所なのですが、1日にいくつも周ると疲れてしまうので1泊がオススメです。

泊まったホテルは

Graduate Richmond

モダンで新しく、ベッドとリビングがセパレートされている部屋に泊まったので、快適に過ごせました。

子連れラスベガス

ラスベガスに旅行中のAnneです。

今回は夫の仕事があって一緒に来ました。2歳の息子と一緒なので、子連れでラスベガスって楽しめるのかなぁとお考えの方に参考になると嬉しいです。

子連れラスベガスはカジノをしないので、ホテルは静かでカジノがないところがおすすめです。人気のカジノホテルはタバコ臭いし、人が多くてチェックインに時間がかかるようです。

私たちが泊まったのはMarriott Grand Chateau。長期滞在向けのホテルなので、キッチンと洗濯機付きで、ベッドルームとリビングが分かれています。子連れだと毎回外食するのは大変ですよね。テイクアウトをして部屋で食べるのときにダイニングテーブルとキッチンのある部屋だと本当に楽です。また、外食だと子供がどうしても野菜不足になるのでスーパーでブロッコリーや人参を買ってきて茹でて食べさせたりもできます。

 

定番の観光スポット、ラスベガスサイン。

81278772-2106-4F2E-A8CD-185A8AAAA035

3時間の時差ボケで早起きなので朝9時前にこの辺りに着きましたがすでに列ができていました。

ボランティアなのか趣味なのか、無料でカメラマンをしているお兄さんが写真を撮ってくれました。

 

 

パリスホテル。

957C5CE3-360D-46B8-ACAC-3B7CCC5CC547

ラスベガスは世界中の人気都市をモチーフにしたホテルがたくさんあるので、ホテル巡りをするだけで観光になっちゃいます。

 

フラミンゴホテルには本物のフラミンゴがいます。

0C71B9E4-7C1D-46B7-AAAD-1B95E49A085B

 

 

ラスベガスと言えば、バフェ。内装が豪華なWynnホテルに行きました。

0715E817-273C-471C-8C5D-6F711B38A9DF

バフェは苦しくなりたくないので、食べ過ぎないでおこうと思うと全然元が取れないのは私だけでしょうか。

 

子供が遊べるスポットはサーカスサーカスホテルにある、アドベンチャードーム。

62220ABC-F5D4-460E-A9AA-239CC8CC6C07

身長36インチから乗れる乗り物がたくさんあって、息子はギリギリでしたがベルトもしっかりしていたので大丈夫かなと思い乗せました。

大人は乗れない子供用の乗り物が多く、赤ちゃんだった息子が一人で遊園地の乗り物に乗っている!と感動してしまいました。

サーカスサーカスでは無料のサーカスが観られるのですが、たまたまお休みで残念。

 

大人の街ラスベガスですが、歩いていると子連れも結構見かけるし、思った以上に楽しめています。

夫が仕事じゃなかったらレンタカーを借りて、郊外の国立公園にも行ってみたかったです。

いつか子供が21歳になったらまた一緒にラスベガスに来てお酒を飲んでカジノをしたいという夢もでき、いい旅になりました。