メレル・ヴォーリズと一柳満喜子夫妻

こんにちは、Jasmineです。

最近友人から借りた本を読み終えましたので皆さんにも紹介したいと思います。

The Bridge of Love by Grace Nies Fletcher

Love

友人が薦めてくれる前まで実はこの夫妻の事は知りませんでした。ヴォーリズ氏はメンソレータムを日本に普及させた近江兄弟社の創設者の一人でした。本書では教育者、事業家、建築家そしてキリスト教伝道者としてのヴォーリズ氏の信念、忍耐強さ、寛容さが伝わりました。日本に多くの建物を設計され残っている事もこの本を読んでから調べてみて知りました。また明治、大正、昭和にかけての激動の時代に強く生きた満喜子夫人の姿は感動的でした。

アマゾン日本版にも和訳本が出ておりましたので以下に載せておきます。

JP Book

*******< アマゾン日本版より抜粋 >*******

本書はボストンのジャーナリスト、グレイス・フレッチャー著 The Bridge Love の待望の翻訳であり一柳満喜子について詳しく紹介されたほとんど唯一の書籍です。

メレル・ヴォーリズ 1880年−1964年 日本名 : 一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)

東京YMCA同盟から英語教師として派遣される。キリスト教の伝道に従事し、建築家として関西学院大学、同志社大学、神戸女学院大学、明治学院大学礼拝堂や豊郷小学校旧校舎、山の上ホテルなど、1600にものぼる建物を設計。現在も残る建物が多く、「日本で最も愛される洋館」を作ったとも言われます。また、「近江兄弟社」の創立者としてメンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させました。

一柳満喜子  1884年−1969年

播磨小野藩主一柳末徳の三女として生まれる。米留学後、メレルと出会い結婚。近江兄弟社」の経営を助けるとともに、自らも教育者として清友園幼稚園を開き、イエス・キリストの教えをもとに豊かな人間性を育み、国際的視野を身につけ、一人ひとりの個性を大切に伸ばすことを目標に現在の近江兄弟社学園の礎となる各種学校を開きます。

日米開戦が迫る中、彼は帰国せず日本に帰化しました。彼の日本名、米来留は「アメリカより来りて日本に留まる」との意味を持ち、太平洋戦争終戦後はダグラス・マッカーサーと近衛文麿との仲介工作に尽力したことから、「天皇を守ったアメリカ人」とも称されています。

本書は数々の逆境を乗り越え、近江八幡でのミッションを通し、世界との「愛の架け橋」になろうとしたキリスト者夫妻の愛の生涯を描き、メレルと満喜子の関係について詳しく知ることの出来る1冊です。

********************************************************

これをきっかけにヴォーリズ夫妻の歴史と功績に興味をもって下されば嬉しいです。

それでは、また!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中