BrandywineRiver アンドリューワイエス

こんにちは、usasagiです。

DC近郊のショートトリップに行ってきました。

アンドリュー・ワイエスという画家をご存知ですか。寂寥感漂うリアルな画風で日本人にも人気が高い、アメリカの国民的画家。昨年、DCのナショナルギャラリーで展覧会があったので目にした方も多いかもしれません。私はその展覧会を見て虜になりました。

実は、彼が人生のほとんどを過ごした生家とアトリエが、ペンシルバニア州の田舎町Chadds Ford(チャッズフォード)にあるのです!

DCから2時間半ほど車を走らせると、到着しました!

ワイエスの絵そのままのような、のんびりした田園風景に美しい小さな川(Brandywine River)が流れています。その川岸に彼の作品を展示するBrandywineRiver Museum of artがあります。

あ

3階建てのこじんまりした建物ですが、周囲の緑あふれる自然を存分に生かした、ゆったりとした気持ちになれる美術館でした。館内の大きなガラス窓からは、カヌーで川を悠々と下っていく人たちの姿が見えます。

い

ワイエス家は芸術一家。アンドリューだけでなく、祖父でイラストレーターだったN・C・ワイエス、そしてアンドリューの息子のジェイミーワイエスの三世代の作品をこの美術館で見ることができます。

そしてアンドリューのアトリエ見学ツアー。ツアーのチケットは美術館のカウンターで購入します(ほかにもNCの家とアトリエツアー、アンドリューがよく描いた農場のツアーもあります)。

小型のシャトルバスに乗って出発。ほんの数分で、かつては学校だったという小さな白い建物に到着します。1940年から2008年まで、彼はここで作品を描き続けたとのこと。

シンプルでストイックな内装、窓から見える素朴な風景。彼の作品を立体で見ているような錯覚を覚えました。

う

え

お

http://www.brandywine.org/museum

ちなみに、この美術館すぐ近くのAnticaというイタリアンレストランで夕飯を食べましたが、ここはお勧めです!クラシカルなのに親しみやすい雰囲気で、手打ちパスタが絶品。間抜けなことに夢中で食べ過ぎて写真撮り忘れました、、、。アルコールは出さず、レストラン隣にある店で購入したローカルワインのボトルを持ち込める「BYOB」(Bring your own bottle)スタイルのお店でした。キッズメニューもあり、娘は巨大なチキンカツをたいらげて、ウェイターさんにも驚かれましたよ(汗)。よほど美味しかったようです。

http://anticapa.com/

BrandywineRiver周辺には、ワイナリーや庭園Longwood Gardens、古戦場跡Brandywine Battlefieldなど見どころがまだたくさんあるとのこと。もう一度ゆっくり訪れたいと思わせる場所でした。

http://www.thebrandywine.com/index.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中