アメリカでの避妊法、妊婦用ビタミン剤

こんにちは、Anneです。

今日はアメリカに住む日本人女性にはあまり知られていないと思われる避妊、妊娠に関することを少しお話したいと思います。
まず避妊法について。

日本ではピル、コンドーム、避妊リングが使われています。アメリカでもこれらはありますが、日本ではまだ認可されていないものとして、Nexplanon というものがあります。詳しくはホームページを読んでいただきたいのですが、簡単に説明すると上腕の内側の皮膚に極々薄いプレートを挿入し、これが女性ホルモンを放出することによって避妊効果を現すというものです。効果は3年間、もちろん途中で外すこともできます。保険によっては全額適応の場合もあるので、産婦人科で確認することをお勧めします。飲み忘れのあるピルや外れる可能性のあるコンドームに比べると日常生活における負担が少ないことがメリットだと思います。

次は妊娠を希望されている方、もしくは妊娠中や授乳中の方に効果的なビタミン剤について。

アメリカでは妊娠希望6ヶ月前からの服用を強く勧められるビタミン剤としてPrenatal vitaminがあります。いろんなメーカーから出ていて、ビタミンA,B,C,D,E,K,葉酸,鉄分などが配合されています。市販で購入できるものと処方箋が必要なものがありますが、違いは配合量です。保険がある方は受診して処方してもらうと市販品よりも配合量の多いものを安く買うことができるのでお勧めです。病院に行くのが大変という方はもちろん市販品でもいいと思います。

こちらは市販品の一部です。  
日本では例えば妊娠性貧血があった場合などに医療用の葉酸や鉄分を処方されることがあったり、自費でサプリメントの服用を勧められることはありますが、ビタミン単体で販売していることが多く、主要な各種ビタミン類を複合した妊婦用のサプリメントはあまり見かけません。アメリカでは健常な妊娠希望女性にも保険が適応されるのでそこが大きな違いだと思います。

不妊症で通院している人や妊娠トラブルが起こる人は栄養不足が原因であることが非常に多いそうなので、妊娠前に栄養素を摂取するのがいかに大切かがわかります。

それでは皆様、よい週末をお過ごし下さい♬

*このブログは筆者の個人的見解です。効能、効果を保証するものではありません。商品のご購入に関しては、読者様個人の判断により、自己責任でお願いいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中