フレンチトースト記

こんにちは、Archerです。

食欲の秋といいますが、私は最近よくブランチメニューにあるフレンチトーストにはまっています。

私はアメリカに2年前に引っ越してきましたが、これほど「ブランチ文化」が浸透しているとは知らず、人が並ぶほどのブランチメニューがるレストランも存在すると聞いて驚きました。

フレンチトーストも、お店によってパンの種類や、一緒にでてくる付け合せもまちまちでどこで頼んでも飽きませんでした。今回は今まで食べてきたフレンチトーストを紹介させていただきます!

IOTA Club & Cafe–クラレンドン/アーリントン・バージニア

ブランチ:土日の午前9時から午後3時まで

メニューで一番人気のブレッドプディングプレート(すみません、これだけフレンチトーストではありませんでした。)

FullSizeRender

全体のブレッドプディングの甘さは控えめで、ベーコンとソーセージとも食べやすい味でした。

夜はお店の中でライブ演奏等が行われとても人気なスポットらしいのですが、昼間は比較的に人が少なく穴場です!

 

 

 

 

 

FOUNDING FARMERS–ペンシルバニア・アベニュー/ワシントンDC

ブランチ:土日の午前9時から午後2時まで

FullSizeRender_2バニラクリームがパンの中に詰まったフレンチトースト。見た目通りとても甘かったです。(甘党の私でも完食できませんでした。。)でも、上にのせてあるイチゴはとても新鮮でおいしかったです!

Founding Farmersはローカルな食材を料理に使うのがこだわりみたいなので、それが実感できました。Founding Fathers “米国の建国の父”を文字っているレストラン名は変わっていますが、ワシントンにはぴったりだなと思います。ブランチの時間帯はとても人気なので、事前に予約をいれることをお勧めします!(私の場合土曜日の朝予約を入れても、15分待ちました。)

 

Carlyle– シャーリントン/アーリントン・バージニア

ブランチ:土曜日午前10時半から午後3時まで、日曜日午前9時半から午後3時まで

FullSizeRender

分厚いブリオッシュパンを使ったフレンチトースト。塩の効いた添え料理がアンバランスに見えますが、フレンチトーストと一緒に食べても不思議と味が調和されます。ボリュームがたっぷりなので、二人で分けても十分な量です。

隣にベーカリーがあり、そこで焼かれたパンを使っているため、ブリオッシュはいつも中身がふわふわなところが個人的に気に入っています。

シャーリントンのレストラン街は土日ブランチ客で賑わっていますが、Carlyleは一際人気がある感じです。こちらもできれば事前に予約を入れたほうが安全だと思います。

 

 

 

Green Pig Bistro–クラレンドン/アーリントン・バージニア

ブランチ:土日午前10時半から午後2時まで

GreenPigハラーブレッドを使ったフレンチトースト。味はさっぱりしていて、付け合せの林檎のコンポート/メープルシロップによって様々な味を楽しむことができます。レストランの名前にピッグという言葉が含まれている通り、ソーセージは店内の手作りでこれもまた美味でした。

静かな住宅街の中にただずむレストランです。前から見た感じではあまり広くなさそうなのですが、中に入ると奥まで部屋が広がっていて、とても心地よい空間になっています。最近開店したばかりみたいで、とても内装もきれいでした。

今度はディナーの時間帯にも挑戦してみたいです!

 

 

 

ワシントン付近は特にブランチ・カルチャーが根付いているので、激戦区の故おいしいところがたくさんあると思います。土日の朝、こうやってたまに外食するのも良いですね。これからいろいろなフレンチトーストにチャレンジしていきたいです♪

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中